2017/10/07

ふじさわアートフェスに参加してます

本日からスタート
ふじさわアートフェス


5箇所の会場のうち
僕たちは湘南くじら館にて出展

めちゃくちゃお堅い本から
音楽家の書いた絵本
アナウンサーの書いた本
スケーターの書いた本
アートZINEまで

様々な本が集まっています



元TBSアナウンサー
桝井論平氏のトーク

会話することのシンプルな深さ
面白かったなぁ・・・

写真を撮るということの
ヒントがたくさんあった


僕たちの展示スペース
ZINEの原画を展示してたりします





2017/09/13

”日常を「失神するほどオシャレ」に彩る”  〜絵社(カイシャ)〜

日常を「失神するほどオシャレ」に彩る、絵本や日用品を制作販売するグループ

『絵社(カイシャ)』

制作はすべて手製本&手刷りのシルクスクリーン版画による一点ものです。
2017年は○△□がテーマ。

オススメの展示です
なんかいま
こんな時代だからこそ欲しい刺激が
ココにありました


studio COOCA












ZINEや絵本が
ほんとに良い
ぬくもりがほとばしる


このポストカードセットはですね
ずるいくらいオシャレす
実際見ていただきたい

2017/09/12

team Lab☆ Jungle














いやぁ、すげいかったす
デジタルなんだけど
アナログなんですよ
人へのアプローチが

あと勝手に参加させられてるというか
気付いたら自分がパリピになってた

あと個人的に好きだったのは
動物や植物、昆虫のフロアがあって
生態系をコンセプトにしてて
ちゃんと生と死の表現があるんですよ
自分で塗り絵をした生物が生まれて
踏んづけたり雑に扱うと死んでしまう
映像なのに生きてた
ステキ

ちなみに
我が3F Community Serviceのボスであるウッチー氏が演出に携わっております


ということで
team Lab☆に負けてられないってことで
ここからは「ta-low Lab☆」をお届けします
ではまた逢う日まで
↓↓↓










2017/09/09

スケートボードと映像と音楽と写真と言葉と・・・


なんの告知も無しに
静か〜にいきなり
1本のフルパートがドロップされました

フルパートというのは
スケートボーダーが
今における自分の最高のパフォーマンスを
3〜5分の映像にまとめて
どうだ!!
と世の中にブチまけるもの

スケートボーダーが誰しも目指す
最高で最大なアウトプット

細部までこだわり尽くされ
それぞれの哲学が存分に盛り込まれた
アート作品


普通は公開日を決めて
「いよいよ出すよー、期待しててよー」
ってガンガン事前告知して
期待が最高潮になったタイミングで
公開するのがセオリーなのだけど

この人 才哲治って男は
まぁとにかくセオリーってのが嫌いで(?)
こういうやり方をしてくるんです
なんでもそんな感じ
それがこの人の哲学


まぁフルパートって
サラリーマンの世界に置き換えると
数ヶ年ガッツリあたためてきたプロジェクトを
どうだ!!とプレゼンして
1億円取りに行く様なものです

僕もこの映像
今日初めて見たのですが
僕が写真を撮らせてもらったカットがいくつかあったので
紹介したいと思います


スケートボードと
映像と
音楽と
写真と
言葉と


たった4分間の映像を作るのに
何年もの時間が費やされ
数え切れない人たちとの関係性が生まれていきます



例えお金と時間がいくらあったとしても
撮れない時は撮れない
それがスケートボード映像&写真なのです


もしかしたら
2時間の映画を作るより
難しい部分も多いのではないだろうか...


それではフルパート映像を
お楽しみください
↓↓↓